薄毛治療、AGA治療薬(プロペシア)の副作用は?

薄毛治療では、主に2種類の薬が使われています。

・プロペシア
・ミノキシジル
これらの薄毛治療の投薬において、「副作用はないのか」といった不安の声も聞かれます。

【副作用は?薄毛治療で使われる薬[プロペシア][ミノキシジア]】

■プロペシア(フィナステリド)の副作用とは■
プロペシアはもともと前立腺肥大の為に開発された薬です。抜毛を抑える働きが認められたので、その後改良され、現在は「飲む育毛剤」として有名です。AGA男性型脱毛症の治療では、プロペシアが処方されるのが基本です。

▼プロペシアの副作用「男性機能の低下」
国内の臨床試験で副作用として認められているのが、男性機能の低下です。性欲の減退や、男性機能不全がわずかですがあります。しかし、この副作用は1%前後で、さらに男性機能の低下は、必ずしも薬の副作用だけげ原因ではなく、精神面も大きく影響する事も考慮すると、まずほとんど心配する必要はありません。

▼プロペシア服用の歳に注意すべき事3つ
(1)肝機能に問題がある人は注意が必要
肝臓疾患や肝機能障害がある場合、プロペシアは肝臓で代謝されるために注意が必要です。かかりつけ医に事前に相談する、AGAのクリニックでも医師に持病を伝えて相談しましょう。
(2)妊娠中の女性は服用しない
一般的に男性に処方されるのであまり心配はいりませんが、万が一、妊娠中の女性がプロペシアを飲むと、胎児が男の子の場合には生殖器官などに影響を及ぼす恐れがあります。知らずに女性がプロペシアを服用するような事はないでしょうが、例えば、錠剤を割ったり、欠けたものに触れて、有効成分を吸収してしまうのも、良くないと言われています。既婚者で、妻が妊娠中の場合には薬の取扱いには充分に気を付けましょう。
(3)前立腺がんの健診前には医師にプロペシアの服用を伝える
前立腺肥大の治療薬として開発されたものだけに、プロペシアを事前に服用して、前立腺がんの健診を受けてしまうと、正常な数値が現れません。前立腺がん検査におけるPSA値が半分程度まで低下するというデータも出ています。健診前に、担当医師にプロペシアを服用している事を必ず伝えましょう。

■ミノキシジルの副作用とは■
ミノキシジルは、もとは血管拡張剤として開発され、その過程で使った人が「毛が増えた」「体毛が増えた」といった症例が多くあがり、最終的に育毛、発毛治療薬として改良されたものです。

▼ミノキシジルの副作用「血圧・血管に関わる諸症状に注意」
ミノキシジルは血管を拡張する薬なので、血圧低下や、人によっては心臓や血管に負担がかかり副作用を引き起こす事があります。一般的には、頭皮にスプレーしたり、塗る「外用薬」が処方されるので、こちらの副作用はさほど敏感になる必要はないでしょう。外用での副作用では「頭皮のかゆみ」などがあげられます。

ただし、ミノキシジルを内服薬として使用する場合には、かなり副作用に注意を要します。低血圧、多毛症(頭髪以外の体毛が濃くなる)、肌荒れ、眠気、倦怠感、頭痛、むくみ、といった副作用も公表されています。ミノキシジルは発毛効果も高く、特に内服薬は効果が強いと言われますが、それだけ副作用の発生も大きくなるという事です。

▼ミノキシジル使用の際の注意2つ
(1)妊娠、授乳中の女性は使用しない
ミノキシジルの内服薬はもちろんですが、外用薬でも(まず副作用はないと思われますが)使用しないようにしましょう。
(2)血圧に何らかの持病がある人は使用に注意
もともと高血圧の人が「血圧低下」を目的として開発された薬です。知らずに、既に高血圧で「血圧低下」降圧剤などを服用している所に、例えばミノキシジルの内服薬を使用すると危険です。例えば、リアップやロゲインといった市販の育毛剤にもミノキシジルは含まれていますが、成分量も、外用として使う分には全く問題ありません。注意が必要なのは、あくまで内服薬として使用する場合です。

【薄毛治療の治療薬副作用はむやみに怖がらなくて大丈夫!】
市販の風邪薬の説明書にも、必ず副作用の記載がありますね。全ての薬といっても過言ではないほど、どの薬でも「こういった副作用が出る場合があります」となっています。でも市販の風邪薬は規定通り服用していれば、ほぼ副作用はありません。

薄毛治療に使われるプロペシアなども、そういった意味では同じく、副作用の危険性は非常に低いものです。必要なのは「副作用が出る場合がある」ときちんと理解している事で、その上で医師の指示通りに服用していれば、まず問題はありません。

また、医師に処方してもらう事で、副作用まではいかなくても、薬の服用で不安な事や疑問があれば、相談に乗ってもらえます。特にAGAの専門クリニックは、症例も多く実績も豊富ですから、副作用以外にも「半年飲んでいるが効果が感じられない」「どうも飲むと、体調が悪くなるような気がする」といった漠然とした事でも、対応してくれます。

「飲む育毛剤」というキャッチフレーズが、逆に「育毛剤を錠剤にして飲むなんて、副作用が怖い」というイメージに繋がっている人もいるようです。もともとプロペシアが前立腺肥大の為の治療薬から開発されたもののように、一般的な薬と同じです。要するに、医師の診断を受け、指示通りに服用する限りは、副作用をむやみに心配する必要はないという事です。

【薄毛治療の副作用より怖い・危険なのは「自己判断の購入」】

■注意! プロペシアなどのニセモノが流通している■
プロペシアは現在医療機関でもよく処方される薬として、流通しています。ジェネリック製薬品も出ています。しかし、一般病院でも保険適用外という事で、プロペシアにせよミノキシジルにせよ、普通の感覚で「薬を処方してもらう」つもりでいると、かなり高額な印象を受けます。そこでついインターネットなどで安価な通販を利用したくなりますが、中にはニセモノを販売している悪質な業者もあります。プロペシア(フィナステリド)成分が全く含まれていないニセモノなら、いっそまだ安心ですが、正規品でないものには成分が過剰に含まれていたり、別の成分が配合されていたりと、服用することで危険性の高いものがあるかもしれません。

■注意! 通販で勝手に判断して購入するのは危険■
基本的にプロペシアは、医師の処方が必要な薬品です。例えばミノキシジルの場合は、リアップなどに含まれていますが、これはきちんと製薬会社が開発したもので問題ありません。いずれにしても、男性型脱毛症をしっかり治療する為には、医師の診察を受けた上で処方してもらうべきです。安いから、医者に行くのが面倒だから、と、自己判断で個人輸入などで購入するのは大変危険です。そもそも、抜毛の抑制、発毛の効果を希望しているのなら、ただプロペシアを飲めば良い、といったものではありません。

一般病院では簡単な診察で、プロペシアを処方してくれる所が多いようです。AGA専門のクリニックでは、遺伝子検査、血液検査、さらに本人から丁寧なヒアリングをして、その人に合った「薄毛治療の方法」を考えてくれます。もちろん、一般病院でもAGA専門のクリニックでも、薬の副作用についても説明してくれます。

副作用をむやみに不安視する必要はありません。それよりも、自分で勝手に判断して、プロペシアを購入し、「効果が出ないから」といって規定以上の量を飲む、といった方がよほど危険が高いという事を認識しておきましょう。
参照:個人輸入も可能?知らなきゃ怖い【AGA治療薬】の効果と副作用

抜け毛が目立つようになったのなら

従来は、薄毛の心配は男の人だけのものだと考えられていたと思います。だけども今日では、薄毛もしくは抜け毛で途方に暮れている女性も増えてきているのです。
どれだけ育毛剤に頼っても、身体の中の血液の流れが酷ければ、栄養素が過不足なく届けられることがありません。あなたのライフスタイルを改良しつつ育毛剤と付き合うことが、薄毛対策にとって一番重要になるのです。
治療代や薬剤費は保険利用が不可なので、全額自分で負担しなければなりません。ですので、取り敢えずAGA治療の一般的料金を認識してから、医者を探してください。
現在のところ、はげじゃない方は、予防対策として!もう十分はげてしまっている方は、それ以上深刻化しないように!更に言うならはげが恢復するように!できるだけ早くはげ対策を開始した方が賢明です。
今のところ薄毛治療は、保険不適用の治療のひとつなので、健康保険を利用することはできず、その点何とかならないかと感じています。加えて病院により、その治療費は大きく異なります。

銘々の実態がどうなのかで、薬剤とか治療費用に差が出るのは当然かと思います。初期状態で気付き、直ぐに医者に行くことで、自然と割安感のある額で薄毛(AGA)の治療を行なってもらえます。
頭皮を健康的な状態のままにすることが、抜け毛対策としては大事だと考えます。毛穴クレンジングまたはマッサージなどといった頭皮ケアをもう一度見直してみて、生活スタイルの改善を意識してください。
外食に象徴される、油がたくさん使われている物ばっかし摂っていると、血液の循環が悪くなり、栄養成分を頭髪まで送り届けられなくなるので、はげへと進むのです。
自分自身のやり方で育毛に取り組んできたために、治療をスタートさせるのが先延ばしになってしまうことがあると聞きます。迷うことなく治療と向き合い、状態が深刻化することを防止することが肝要です。
現実的に薄毛になるような時には、色々な要素が絡み合っているのです。それらの中で、遺伝が作用しているものは、およそ25パーセントだという報告があります。

抜け毛が目立つようになったのなら、「大切な髪」が抜け落ちるようになった要因をきっちりリサーチして、抜け毛の要因を取り去ってしまうことを意識してください。
最後の手段だと育毛剤をつけながらも、それとは逆に「どうせ成果を見ることはできない」と決めつけながら本日も塗布する方が、たくさんいると聞いています。
頭皮の手入れを頑張らないと、薄毛の進行は止められません。頭皮・薄毛のお手入れ・対策に時間を掛けている方といない方では、しばらく経てば大きな違いとなって現れます。
適切な対処方法は、自分のはげのタイプを認識し、一番有効な方法をし続けることだと断言します。タイプが異なれば原因そのものが異なってきますし、各々一番と考えられる対策方法も違って当然です。
元を正せば育毛剤は、抜け毛を低減するために作られた製品です。しかしながら、当初「抜け毛が目立つようになった、はげの部位が増えた。」と口にする方もいるそうです。その状態については、初期脱毛に違いありません。

薄毛・抜け毛がみんなAGAというわけではないですが

自分自身の手法で育毛を継続してきた結果、治療をスタートするのが遅くなる場合があるのです。躊躇なく治療をスタートさせ、症状の悪化を阻止することが肝要です。
パーマ又はカラーリングなどをしょっちゅう行ないますと、毛髪や表皮を傷めることになります。薄毛または抜け毛が怖いという方は、抑制するべきです。
「成果が見られなかったらどうしよう」と後向きになる人が大半ですが、銘々の進行スピードで実施し、それをやり続けることが、AGA対策では何と言っても肝要だと言います。
AGA治療薬も見たり聞いたりするようになり、世間の関心も高くなってきたと聞いています。更には、病・医院でAGAの治療をやって貰えることも、次第に認識されるようになってきたと考えます。
原則的に薄毛となると、中高年の方対象の問題だと言えますが、20歳そこそこで薄くなってしまう人も少なからずいます。このようになった人は「若はげ」等と呼ばれていますが、非常に恐ろしい状態です。

中華料理を始めとする、油が染みこんでいる食物ばかり食べているようだと、血液の流れが異常になり、栄養分を髪まで届けられなくなるので、はげになってしまうのです。
育毛剤の数は、ここ何年か増え続けているようです。今日日は、女性の方々のための育毛剤も増えているそうですが、男性の方専用の育毛剤との違いはないようです。女の方のために発売されたものは、アルコールの少ないものが多いと教えてもらいました。
強烈なストレスが、ホルモンバランスであるとか自律神経に対し悪く作用し、毛乳頭のレギュラーな役割を果たせなくするために、抜け毛であるとか薄毛に繋がるのです。
これならばなんとかなるのではと育毛剤を購入したというのに、反面「そんなことしたところで無駄に決まっている」と言い放ちながら頭に付けている方が、数多いと教えられました。
生え際の育毛対策にとっては、育毛剤に頼る毛髪自体へのアプローチはもとより、栄養物質が潤沢にある食物とか栄養剤等による、身体内からのアプローチも必須条件です。

抜け毛というのは、髪の毛の新陳代謝の中で引き起こされるいつもの現象です。今更ですが、頭髪全部の総数や成長サイクルに相違がありますから、24時間以内に100本抜け落ちたとしても、その形で[日常」という人がいるのも事実です。
皮脂が溢れ出るような実態だと、育毛シャンプーを用いたとしても、昔のような髪の状態になるのは物凄くハードルが高いと断言します。基本となる食生活を改善することから始めましょう。
ちょっとしたウォーキングをした後とか暑いシーズンにおいては、的確な地肌のお手入れを実施して、頭皮を日々綺麗に保持しておくことも、抜け毛または薄毛予防の肝要な肝になります。
薄毛・抜け毛がみんなAGAというわけではないですが、AGAと言いますのは、男の人によく見受けられる脱毛タイプで、男性ホルモンが作用していると解説されています。
通常AGA治療と申しますのは、一ヶ月に一回の経過診断と薬の投与が主なものとなっておりますが、AGAの方ばかりを対象に治療する医者で治療をするとなると、発毛が望める頭皮ケアにも力を入れています。